TOPICS

2016年09月29日

大竹智子の愛され学

全日本作法会
家督 大竹 智子 先生 
IMG_20160909_165410.jpg

香南町のママさんからのご相談でした
息子が就職活動中です。
が、まだ一社も内定をいただいていません。
なんとかこの就職戦線に勝つ方法を教えてください。

大竹先生より
心配ですね、お子様の就職活動。
だけど、落ち込まないでどんどんチャレンジを続けてくださいね
どうしてもその会社に入りたいならば、
中途採用という道もあります。
それまでに、
他の会社でいろいろなノウハウを学ぶ
という
選択肢も頭に入れておきましょう。

まず、先方の会社のことを知ることが大切。
どんどん積極的に見学に伺いましょう。
また、業種によっては体験してみること
建築業であれば、
その会社が建てた建物を見てみる・入ってみる・そこからの景色を観てみる
飲食業であれば、商品を食べてみる
サービス業であれば、サービスを受けてみる
こうして素晴らしいと感じたこと、志望動機につながった
具体的な理由を面接などで伝えることです。
また、リクルート担当者だけではなく、できるかぎりの伝を使い、
会社の関係者の方、取引先の方などにお会いいただき
どんな人材を欲しているのかお話をうかがうなど
さまざまな方法からサーチ&アピールをしましょう。
いかに自分がその会社に入りたいのか
熱意を伝えることが大切なのです
また、
就職活動を行うまでに身につけておきたいのが
敬語
最近は、社会人でも正しい敬語を使える人が
減っています
今のうちにしっかり身につけておきましょう

大竹智子先生のマナー教室を
受講しませんか

四国新聞文化教室
では大竹智子先生の教室
日常からのマナーレッスン 
が開かれます

日常の中で行うしぐさから、気品やエレガンスを感じさせる女性に。
知識と美しいふるまいで出会った人の心をとらえ、
また逢いたいと思われる人に。
婚活・就活にも最適!希望者は、資格取得も可能です。

詳しくは ここをクリック



posted by medio at 09:00 | TOPICS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

786・SUPER MEDIO WEEKEND EDITION

毎週金曜日は中井今日子とWキャストでお届けします。
漆原光徳教授 第4金曜日は、
四国学院大学副学長 漆原光徳教授
芳野編集長 第5金曜日は、
四国新聞OASIS 芳野編集長