TOPICS

2011年08月25日

大竹智子の愛され学

全日本作法会
家督 大竹智子 先生


Photo

今月のテーマは「懐紙」。

お茶席でお菓子を置く・包むなどのときに使われる「懐紙」。
実は、あらゆる使い道があるのです。
大竹先生は、パスポートカバーなどに入れて常に懐紙を持ち歩いていらっしゃいます。

たとえばこんな使い方
○お顔の油とり紙代わりとして。汗拭きにも。
○一筆箋として
○お金を包むときに
○和食をいただくときの箸置きとして。
○冬場、和装の時に首も元に入れると温かいです

エレガントにさりげなく、懐紙はあらゆるところで大活躍するのです。
ぜひ今日から「懐紙」を持ちましょう。



posted by medio at 08:40 | TOPICS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

786・SUPER MEDIO WEEKEND EDITION

毎週金曜日は中井今日子とWキャストでお届けします。
漆原光徳教授 第4金曜日は、
四国学院大学副学長 漆原光徳教授
芳野編集長 第5金曜日は、
四国新聞OASIS 芳野編集長
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。