TOPICS

2017年01月18日

ゴルフのある日々☆冬は何故飛ばない?!


思うような飛距離が出ないことに
がっがりすることはありませんか?
寒いからしかたがない・・・あきらめるしかないのでしょうか
いいえ
きっと対策はあるはず

そこでお招きしたのは
プロゴルファー
増田能成 さん
DSC_0432.jpg
まず、冬場飛ばない理由は
気温が低いことで
シャフトが硬くなり、しなりが少なくなるから。
ヘッドが重く感じるようになるからです。

練習場で試してみてください
打ったボールが頂点に届かずに
失速していませんか?
では試しに、
シャフトを乾いたタオルなどで擦って
温かくして打ってみましょう
これで、ボールが頂点から伸びていったら
原因はシャフトのしなりということになります。

しかし、
ゴルフのルールでは、
クラブやボールに熱を加えたり、冷やしたりするのは
違反行為  

そこで
シャフトのしなりを取り戻すために
バックフェイスの下部に、
鉛をはって調整してみましょう
(クラブすべてを同じコンディションに
そろえるようにしましょう)

鉛は、
季節やその時の気温によって、
増やしたり減らしたり調整することを忘れないで

増田能成プロのレッスンでは
こういった
調整も施してくれます

興味のある方はレッスンにお申し込みを
単発でも受け付けてもらえます
📱090−2788−4059



posted by medio at 09:00 | TOPICS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

786・SUPER MEDIO WEEKEND EDITION

毎週金曜日は中井今日子とWキャストでお届けします。
漆原光徳教授 第4金曜日は、
四国学院大学副学長 漆原光徳教授
芳野編集長 第5金曜日は、
四国新聞OASIS 芳野編集長
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。