TOPICS

2015年12月03日

漆器で飲めるBAR ZIN

高松市内町にある

BAR ZIN (ジン)をご紹介しました[E:bar]

Resize1103

中央郵便局正面からの路地を東に
2〜3分すすむと見えてきます

Resize1104

店内はとても落ち着いた雰囲気
カウンターは漆塗りです

Resize1110

棚には、グラスよりも

漆器 がたくさん並んでいます [E:shine]

Resize1101

Resize1109

ZINのオーナー 

漆芸作家の 山下亨人 さん

Resize1102

写真右は 店長の みずか さん [E:ribbon]

ZINは、漆器でお酒や料理が提供されます[E:bottle] [E:restaurant]

Fb_img_1448884865268

手入れがむずかしそう  [E:shock]

デリケートそうで傷をつけそう [E:coldsweats02] と

普段使いするには敷居の高い漆器ですが
実はそんなことは全く無いのです[E:up]

お店の漆器も
中性洗剤とスポンジをつかっていて
特別扱いはほとんどなし[E:sign03]

Resize1100

山下亨人さんによれば
そもそも
漆器は工芸品、つまり日常雑貨。
どんどん使って欲しい、とのこと[E:sign01]

いつも10数種類の酒がそろっていますが、
何があるかは、オーナーの気分次第 [E:restaurant]

フードメニューも定番はありません
その日の仕入れ、つまり
山下さんが育てた
無農薬・低農薬の野菜の収穫状況で
その日のメニューが変わるのだとか

Fb_img_1448884893060

この店では、
漆器に注がれた酒
漆器に盛られた料理という
付加価値を味わって欲しいです、と山下さん


Resize1099  

        [E:shine][E:upwardleft][E:upwardleft][E:shine]

24万円 の漆器タンブラーでいただくビールは

漆の香りがほのかに感じられる
高級な味 [E:heart04]
ぜひ体験してみてください [E:crown]

忘新年会にオススメのコースもあり[E:scissors]

●飲み放題付
5000円/2時間

●料理のみ
3500円/2時間


■BAR ZIN■
高松市内町6-14
 [E:mobilephone]  080-1998-8300
OPEN 20時〜25時
定休日 木・日・祝

posted by medio at 08:45 | TOPICS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

786・SUPER MEDIO WEEKEND EDITION

毎週金曜日は中井今日子とWキャストでお届けします。
漆原光徳教授 第4金曜日は、
四国学院大学副学長 漆原光徳教授
芳野編集長 第5金曜日は、
四国新聞OASIS 芳野編集長