TOPICS

2012年10月31日

ゴルフのある日々

「気になるロストボールの行方」の巻

不本意に手放してしまうアイテム、といえば

ボール (。>0<。)

池や林に消えていってしまったボールは、いったいどうなるのか、ご存知ですか?
事情に詳しい方が徳島にいるのです!

徳島県応神町にあるショップ
ロストボール買取・販売

なかやゴルフ

Resize0004


板野インターチェンジを降りて徳島方面に数分進んだ道沿いにあります。

ここには
美しいボールたちが
整然と並べられているのですが、
すべて ロストボール !!

Resize0001

社長 中谷昇さんにご出演していただきました

Resize0002

中谷さんは、四国内の十数か所のゴルフ場さんと調印契約をし、
ゴルフ場内のロストボールを回収されています。
スタート前やクローズ後の時間を利用して
池、ラフ、林などを十数人のスタッフによる手作業で捜索するそうです。

そこで集められたボールは
洗浄機にかけられ、
その後 状態を手選別し、ランク分け。
ロストボール卸業者に卸すのだそうです。
選別の途中で、中谷さんの目にかなった一部のボールが
「なかやゴルフ」の店頭にも並びます。

Resize0003

ひょっとしたら、あなたのボールもここに?!

Resize0005

品揃えも豊富なので、いろいろな種類のボールを試すにもとても手頃です。

中谷さんの作業は、ボールの回収だけにとどまらず、
ゴルフ場の美化にも貢献されているのです。


【なかやゴルフ】
徳島市応神町吉成字七丁原25-2
[E:telephone] 088-641-2348

posted by medio at 10:08 | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月25日

大竹智子の愛され学

全日本作法会 
家督 大竹 智子 先生 

Photo_2 


男性のための「モテ男塾

テーマは「デート・食事」です。
ビジネスの場面でも使えます[E:sign01]

事前にリサーチしたレストランに行きましょう

●席に着く
自分からすすんで上座にすわらない。まずは女性を上座にご案内しましょう。
女性が遠慮するようならば
「では、高いところに失礼します」の一言をそえて上座に座ってもOK。

●会話
旬のネタ、新聞やニュースから、事前に3つほど、話題を決めておく。
(その場にふさわしいものを選ぶ)
きっかけは自分が作り、相手に話をさせるように。

バランスは 相手 : 自分 = 7 : 3 

●会計

大切なのは、スマートさ。
男性が主導で会計を済ませましょう。
支払う姿をみせないように、先に外に出てもらうか、
食事が終わった頃に席を外して、会計を済ませておくととてもスマート。

結果、割り勘でもOKですが、レジ周りでもたつかないように。

●禁句
食事が終わった後、
「おいしかったでしょ」の押し付けの質問はNG
食の好みは皆異なります。自分が美味しいと思っていても相手がそうとは限りません。
「気に入っていただけたらいいのですが」
と謙虚な気持ちで相手の返事を待ちましょう。

posted by medio at 10:29 | TOPICS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月24日

ゴルフのある日々

ゴルフのある日々番組版

ゴルフを通して子ども達の健全な育成をめざしてる
香川県ジュニアゴルフ振興会が 
10月10日、
スナッグゴルフスクールセット
香川大学教育学部付属高松小学校に寄贈しました。

これは、
スナッグゴルフ支援自動販売機の売上金の一部を当てたもので
平成22年5月から行なっている活動です。
昨年12月の志度小学校に次ぐ、県下2校目。

寄贈式と体験教室には、
5年生の35人が出席。

Photo

香川県ジュニアゴルフ振興会のスタッフから
注意事項を聞いた後、
スナッグゴルフを体験しました。

Photo_4

基本となるグリップを
早く覚えられるように
指には目印のシールが

Photo_2

Photo_6

子ども達はあっというまに
コツを掴んでいました

Photo_3

スナッグゴルフ支援自動販売機は
四国コカ・コラボトリング株式会社と
設置場所、そして購入者のあなたの協力により
成り立っています。

Photo_8

posted by medio at 08:43 | TOPICS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

786・SUPER MEDIO WEEKEND EDITION

毎週金曜日は中井今日子とWキャストでお届けします。
漆原光徳教授 第4金曜日は、
四国学院大学副学長 漆原光徳教授
芳野編集長 第5金曜日は、
四国新聞OASIS 芳野編集長